「病気に負けない体」を作る免疫ビタミン「LPS(リポポリサッカライド)」と「お米」のお話

免疫力を高める成分
LPS(正式名:リポポリサッカライド)って?

LPS(リポポリサッカライド)は免疫ビタミンと呼ばれ、体の「自然免疫力」を強化し、
病気やウィルスに負けない体作りに役立つといわれているよ。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)って?

体の中の免疫力を高める成分だよ。
普段の食事から摂取することができるんだ。

免疫ビタミンLPS(リポポリサッカライド)って?免疫力を高める大注目の成分!

LPS(正式名:リポポリサッカライド)は体の中の自然免疫力を
高める効果があると注目されている成分であります。

LPSと免疫力の関係についてはこちらをご覧ください

病気になる人、ならない人を分ける「自然免疫力」とは

私たちの体には、あらゆる病から体を守る機能が備わっております。
それは「自然免疫力」と呼ばれており、自然免疫力を強化することで、
病気を予防することができるといわれてます。

その「自然免疫力」を左右するのが免疫細胞「マクロファージ」であります。
このマクロファージは病気の基となるウィルスや体の中にある不要なゴミ、
ガン細胞まで取り除く性質があり、マクロファージが元気だと、体内の免疫力が高く、
病気になりにくく、健康状態を維持できると言われております。

そして、マクロファージを元気にするのが免疫ビタミン「LPS」と呼ばれる成分です。

マクロファージ

体内にある免疫細胞「マクロファージ」を活性化し、あらゆる病気の
予防にも役立つことが最近の研究で明らかになっております。(参考文献1-6)

この夢のような成分は、漢方薬などに多く含まれておりますが、
実は、身近な食べ物からでもLPSを摂取することができます。(参考文献7)

「LPS」が多い食品ってどんなものがあるの?

「LPS」が多い食品ってどんなものがあるの?

玄米や小麦などのに穀物に多く含まれているよ。
でも皮の部分に多い為、精製されたものは駄目なんだ。

実はLPSは皮の部分に多く含まれている?

身近にある多くの穀物、野菜にはLPSが含まれております。
特に多く含む食べ物としては、レンコン、めかぶ、玄米など。

しかし、LPSは皮の部分に多く含まれており、
精製された白米や小麦粉ではあまり期待できません。
お米であれば白米より玄米に多く含まれております。

大人1人のLPSの一日推奨摂取量は500μgといわれております。
標準目安としては体重10kgで100μgです。
例えば体重80kgの人なら800μgというように、
自分やご家族の大体の必要量を覚えておくと良いでしょう。

穀物、野菜にはLPSが含まれております。
LPS含有量(μg/g) 食べる時の目安量 目安量を摂取した時のLPS量(μg)
ほうれん草 1.3 おひたし(68g) 15
トマト 0.8 中1個 6.4
ワカメ 21.2 酢の物小鉢(21g) 21
レンコン 5 きんぴら(30g) 52
メカブ 42.8 市販酢の物(25g) 64
明日葉(粉末) 13.8 茶パック1包(4g) 55
大豆 0.02 豆腐1/2 3
シイタケ 0.6 てんぷら1枚(40g) 7.7
小麦粉 0.2 パン一枚 8.8
金芽米 0.53 茶碗1杯 35
精製白米 0.09 茶碗1杯 6.8
(上記データ参考文献 Inagawa, H., et al. Chem. Pharm. Bull. 40, 994-997 (1992).他 )
健康な家族

お米でも「LPS」を摂取できるの?

できるよ。
でも精製された白米では期待できないんだ。

でも僕、玄米はあまり好きじゃないんだ・・・

確かに玄米はLPSは多いが、ボソボソして食べにくいよね。
だから、玄米なのに白米の様に食べやすい「金芽ロウカット玄米」や、白米だけどもLPSが白米の約6倍もある「金芽米」がおススメだよ。

ごはんで「LPS」を摂取するには?金芽ロウカット玄米や金芽米がおすすめ!

LPSは野菜や穀物の皮の部分に多く含まれており、
お米でいうと、ヌカ層やその内側の亜糊粉層に多く、
精米するとほとんど取り除かれてしまいます。

金芽米断面図
金芽米シリーズ

「LPS」豊富なお米(白米の約6倍)

金芽米とは?
金芽ロウカット玄米シリーズ

玄米の栄養で、白米の様に食べやすい

金芽ロウカット玄米とは?

玄米や亜糊粉層を残した「金芽米」、
玄米を食べやすくした「金芽ロウカット玄米」がおすすめです。

LPS含有量グラフ

どうしてLPSは白米に少なくて金芽米に多いの?

実はその加工方法に秘密があるんだ。

コメに「LPS」を残す加工方法とは?亜糊粉層(あこふんそう)が大切!

上記でも説明しましたが、LPSは普通の精米では、取り除かれてしまう為、
コメでLPSを摂取する場合、玄米で食べるか、
LPSを多く含む「亜糊粉層」を残した金芽米を食べるといいです。
米であれば白米よりも玄米に多く含まれております。

米の加工方法

LPSを多く含む金芽米
多くの方が体調改善効果を実感!

金芽米をご購入された方から、
食べ続けて実感した体調改善効果に関するレビューを頂いております。
(風邪をひかなくなった、お通じが良くなった、花粉症が軽減した等)

また、学校法人服部栄養専門学校 理事長・学校長で医学博士でもある
服部幸應先生も金芽米の効果を述べられております。

メジャーリーガー青木宣親選手、佐知夫人とのスペシャル対談

お米に免疫活性化成分 生活習慣病の予防効果期待

新聞に掲載されました。
お米に免疫活性化成分 生活習慣病の予防効果期待 産経新聞

「LPS」がもっとわかる書籍の紹介

杣(そま)先生著の書籍

杣源一郎『「免疫ビタミン」のすごい力
~ガンも認知症も寄せつけない~』

健康長寿のカギが、免疫の活性化にあることはよく知られています。その主人公である我々の体内にある免疫細胞を劇的に活性化させる「免疫ビタミン」と呼ばれる物質「LPS」が、筆者たちの研究グループにより発見され、急ピッチで実用化されています。

タニタ食堂で提供されるご飯、金芽米にも豊富に含まれるこの物質は、体に良いといわれる様々な食品にも豊富に含まれているのです。病気予防、鎮痛・抗菌・副作用予防、美肌効果など数々のうれしい効果を発揮する「LPS」の実力と、この物質をどう上手に生活の取り入れていけばよいのかを分かりやすく解説した就職の「健康本」の誕生です。巻末に「奇跡のりんご」の木村秋則との対談を収録。

杣 源一郎(そま げんいちろう)

香川大学医学部客員教授。新潟薬科大学特別招聘教授。東京大学薬学部卒業(1977年)、東京大学薬学博士(1983年)、帝京大学生物工学研究 センター助教授(1986年)、同センター副所長、同教授(1992年)を経て、徳島文理大学健康科学研究所教授(2000年)、同大学院教授 (2002年)。自然免疫賦活技術研究会会長、特定非営利活動法人「環瀬戸内自然免疫ネットワーク」理事、自然免疫制御技術研究組合代表理事など 務める。日本薬学会、日本生体防御学会などに所属。中華人民共和国友誼賞(1997年/中国国家外国専家局)、徳島ニュービジネス支援賞大賞、 第7回バイオビジネスコンペ優秀賞を受賞

参考文献
  • (1) 河内千恵,他,NewFoodIndustry,48,19-27,(2006)
  • (2) Michaud J-P.,et al., Pro Natl.Aced.Sci.,110,1941-1946,(2013)
  • (3) Brandl K.,et al., Nature,455,804-807,(2008)
  • (4) T.Hebishima,et al.,Exp.Anim.60,101-9,(2011)
  • (5) T.Hebishima,et al.,J.Vet.Med.Sci.72,435-442,(2010)
  • (6) K. Nakata, et al., Food Sci Nutr., 2, 638-46, (2014)
  • (7) H. Inagawa, et al.,Chem. Pharm. Bull., 40,994-7, (1992)

「金芽米」「金芽」「ロウカット」は東洋ライス株式会社の登録商標です。