金芽だより

金芽だより 2013年8月号

☆定期便ご利用で当選確率UP☆
『米の精を使って育てられた農作物プレゼント』
幻の豚「梅山豚」の生ハムやソーセージの盛り合わせを抽選で3名様にプレゼント。

ハム金芽米を無洗米加工した時に工場で取り除かれる肌ヌカ(お米のとぎ汁の成分)が有機質資材(米の精)として稲や野菜の肥料、家畜の飼料などに使われているのをご存じでしょうか。
『米の精』を実際にご利用いただいている生産者の方からは、「『米の精』を使うと土中の微生物が増えて元気な作物が育つ。」「甘みのある美味しい作物ができるようになった。」など嬉しいお声をいただいています。
今月の『米の精を使って育てられた農作物プレゼント』は中国の四大奇書小説『西遊記』に登場する猪八戒のモデルになった豚『梅山豚』を原料にした美味しい生ハムやソーセージの盛り合わせを抽選で3名様にプレゼント。更に、米の精(1kg)も10名様にプレゼント致します。

☆★☆★幻の最高級豚肉 梅山豚 ☆★☆★
梅山豚は、中国太湖豚系の原種豚で中国で永い間、 最高級の豚肉とされてきました。
中国では希少種となり、日本への輸入が難しくなり、現在日本で飼育されている梅山豚原種豚は100頭前後です。
梅山豚は希少性だけではなく、私達が食べ慣れている豚肉とは全く異なる豊かな味わいと、上質な脂身の美味しさによって『幻の豚肉』と称されています。
梅山豚は元来雑食性で山野草、落ち葉やドングリなどを好んで食べます。それらに加えて豚肉を美味しくする『米の精』や大麦・さつまいもなど10種類の国産にこだわった飼料を混ぜ合わせてあたえています。
一般の豚は豚舎で肥育されるのに対して林間で放牧され、ストレスも少なく健康に育つ梅山豚。病気にかかりにくく、投薬の必要もありません。また、風邪をひいても自ら治す、自然治癒力が備わっています。
飼育環境と飼料にこだわった健康な梅山豚、有名レストランのTOPシェフも絶賛するその豊かな味わいを是非ご賞味下さい。
(塚原牧場のHPより一部抜粋)
お申込みは9月1日まで弊社HPから受付中!

1ヶ月で約6割の方が体調改善!

今年6月より実施しております金芽米チャレンジモニター(※)のアンケート結果から金芽米を食べ始めてわずか1ヶ月で約6割の方が何らかの体調改善効果があることが分かりました。
具体的には「便通改善」43%
「肌の調子が良くなった」26%
「口内炎になりにくくなった」20%
「風邪にかかりにくくなった」11%
「花粉症の改善」8%など。金芽米をお召し上がり頂いている皆様はいかがでしょうか。お気づきの点などございましたらお気軽にご連絡下さいませ。

※金芽米チャレンジモニターとは1日2食以上、3ヶ月間金芽米をお召し上がり頂き、金芽米の健康効果を実感していただくモニターキャンペーンで5月に参加者の方を公募しておりました。

保管法でご飯の美味しさに違いが出ますよ。

高温多湿の気候により、お米の保管には特に注意が必要な時期になっています。
お米は、冷蔵庫など涼しくて暗い場所に保管するのがおすすめです。
家電製品やコンロなどで温度が上がりやすいキッチンや湿気の多いシンクの下の保管はさけましょう。又、お米の袋には空気穴があいています。開封前のお米でも虫の混入や水の侵入によるカビ、熱の影響による食味の低下などがおこりますので細心の注意が必要です。
残ったご飯は冷凍保存してお召し上がりになる直前に温め直すと美味しいご飯がお召し上がり頂けます♪ ぜひお試しください。