2019年

農林水産省のホームページに国連での当社の発表について紹介されました

農林水産省の米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」に昨年11月に国連欧州本部(スイス ジュネーブ)で当社が日本企業として初めてSDGsの貢献活動を発表したことに関する記事が掲載されました。

米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」

日本企業初!東洋ライス、SDGs貢献活動を国連で発表

台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

このたびの台風19号により、被災されたすべての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。また、被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

「東洋ライス稲刈り体験2019」を実施しました!

今年で2回目となりました!東洋ライス稲刈り体験!!

5月に田植えをした「彩のきずな※」の稲はすくすくと成長し、無事に収穫の時期を迎えました。
※彩のきずなは、埼玉県が開発した埼玉県の気候に適したお米です。

東洋ライス稲刈り体験2019

今回も、当社通販サイトをご利用頂いている方とそのご家族や友人の皆様にご参加頂きました。

はじめに、通販店長の間(はざま)よりご挨拶♪「本日は、金芽米やロウカット玄米を召し上がられている皆様に、最新設備が入った精米工場を見て、当社製品の品質の高さを知っていただきたいのと、お米作りの基本となる田植えや稲刈りを実際に体験していただくことで、もっとお米を身近に感じていただきたいと思っています。」

東洋ライス稲刈り体験2019

説明の後は、着替えを済ませ、サイタマ工場近くの田んぼへ移動!
まずは、JAいるま野・浅見様より稲刈りとはざかけ作業についてレクチャー頂きました!今回はお米の収穫を楽しんでいただくため、機械を一切使わず、昔の人が行っていたのと同じ様に鎌を使って手作業で刈って、刈った稲穂を紐の代わりに稲わらで縛り、天日に干す(はざかけ)作業を行いました。

東洋ライス稲刈り体験2019

それでは早速、稲刈りのスタートです!

東洋ライス稲刈り体験2019

台風が過ぎてすっかり涼しくなり、気持ちよく稲刈り作業ができました。台風の風で倒れてしまった稲穂は手で起こして刈ることになりました。
そして、刈った稲穂は束にして紐で括ります。

東洋ライス稲刈り体験2019

鎌で稲を刈る人、刈った稲を束にして括る人、括った稲束を干す人。ワイワイしながら大人も子どもも頑張りました!

東洋ライス稲刈り体験2019

稲を刈ると田んぼには稲わらの青々しい香りが漂います。この香りを嗅ぐと「収穫の秋」を感じます。

東洋ライス稲刈り体験2019

また稲刈りが進むと田んぼに住んでいるカエルやバッタ、野ネズミなどの様々な生き物もたくさん出てきます。次々に現れる田んぼの住人達に子どもたちは興味津々!

普段の生活では触れることがない体験ができるのも稲刈り作業の醍醐味ですね。

東洋ライス稲刈り体験2019

1時間ほどかけて、田んぼ一面の稲刈り・はざかけが終わりました!

稲刈り後に、おむすびポーズでパシャリ☆彡

東洋ライス稲刈り体験2019

稲刈りでいい汗をかいた後は、美味しいお昼ごはん♪

今回稲刈りをした「彩のきずな」をはじめ、全4種類の金芽米と金芽ロウカット玄米を食べ比べして頂きました。複数の種類のご飯の食べ比べができるのも、このイベントならではです!

昼食後は、金芽米や金芽ロウカット玄米が作られている工場見学をして頂きました!

また、肌年齢がわかる「肌診断測定」と体内の老化物質(AGEs)量がわかる「最終糖化産物(AGEs)測定」も実施しました!金芽米や金芽ロウカット玄米を食べてくださっている皆さんは、日頃から健康を気にしている方が多く、高評価の方が多くいらっしゃいました!!

今回ご参加くださった皆様、ご協力いただいたJAいるま野の皆様、JA入西支店の組合員様、坂戸市役所の皆様、ありがとうございました。

東洋ライスはこれからも、みなさまに楽しんでいただけるよう、さまざまなイベントなどを企画していきますので、ぜひご参加ください!!

サイタマ工場にて米作り体験イベント(田植え)を行いました!

昨年より開催している「東洋ライス米作り体験イベント(田植え)」を、今年も5月18日(土)に東洋ライス サイタマ工場(埼玉県坂戸市)にて開催しました!

いつもたくさんご応募を頂いている本イベントですが、今回も、当社通販サイトをご利用いただいているお客様とそのご家族・知人の方々約30名にご参加いただきました!

本イベントは田植え体験だけではなく、精米工場の見学会、昼食を兼ねたお米の食べ比べ試食会、健康測定会と、お米の知識を深めると共に、日頃の健康管理にも役立つような会にしております。

まずは、金芽米オンライン・ショップの店長・間よりご挨拶。

サイタマ工場にて米作り体験イベント(田植え)

工場見学・健康測定・石抜き機の実演
その後、実際に金芽米やロウカット玄米が作られている工場の見学をして頂きました!

併せて、肌年齢がわかる「肌診断測定」と体内の老化物質(AGEs)量がわかる「最終糖化産物(AGEs)測定」も実施しました。やはり普段から金芽米を食べて頂いている皆様は普段からの健康管理もしっかりされているようで、測定結果は好記録が続出しました。

健康測定

更に、当社が58年前に開発し、会社創立のきっかけとなった「石抜機」の実演も行いました。お米と石が混ざった状態で、機械のスイッチを入れると、数秒後にはきれいにお米と石に分かれている様子を見て、見学者の皆様からも驚きの声が上がりました。

石抜き機の実演

お昼ごはん
その後、実際に金芽米やロウカット玄米が作られている工場の見学をして頂きました!

お昼ごはんは、「JAいるま野様」が開発した新品種「彩のきずな」を使った金芽米の他、様々な金芽米と金芽ロウカット玄米の食べ比べをして頂きました!

また、今年は金芽ロウカット玄米をお店でご提供頂いている「ぎょうざの満州」様にご協力いただき、餃子とオードブルと一緒に頂きました!

お昼ごはん

田植え
午後からは、メインイベントである田植えです!

今年も、JAいるま野様から「彩のきずな※」の苗をご提供いただきました。
※「彩のきずな」は、埼玉県が開発した新品種です。日本穀物検定協会の2017年産米食味ランキングで最高位の「特A」評価を取得したこともある注目品種で、大粒で粘りが強く、滑らかな食感が特長です。

はじめに、JAいるま野職員・浅見様から田植えの方法をお聞きしました。

田植え

それでは、早速、横一列に並んで田植えスタート!田んぼに張った水はまだ冷たく、素足で入る田んぼの感触に歓声を上げていました。大人も子供も一緒になって丁寧に田植えをしていきます。

田植えスタート

普段、田んぼに接する機会がない小さなお子様も田んぼのなかの小さな生き物を見ておおはしゃぎ!

小さなお子様も田んぼのなかの小さな生き物を見ておおはしゃぎ

田植え

ようやく半分まできました!皆さん黙々と苗を植えています。

田植え

1時間程かけてようやく1枚(約4畝)の田んぼの田植えが終わりました!お疲れ様でした♪

「初めての田植え体験を通して、改めてお米のありがたさを感じた」というお声を多く頂きました。秋の稲刈りも楽しみですね!今回ご参加くださった皆様、ご協力いただいたJAいるま野の皆様、JA入西支店の組合員様、県川越農林振興センターの皆様、坂戸市の皆様、ありがとうございました。

東洋ライスは今後も、通販をご利用いただている皆様に楽しんでいただけるよう、お米に関する楽しいイベントや健康管理に役立つイベントなどを企画していきますので、ぜひご参加ください!

田植え集合写真