2021年

当社NB商品の精米時期表示への変更について

当社では、直営する3拠点の精米工場(和歌山工場、リンクウ工場、サイタマ工場)で製造するコメ製品について、精米時期表示を従来の「精米年月日表示」から「精米年月旬表示」へ積極的に変更してまいります。

今回の精米年月旬表示への変更は、2020年3月27日の官報にて公布・施行となった「食品表示基準の一部改正」において、「精米年月旬表示」が可能になったことを受けたものです。これにより、多頻度・少量配送の縮減による物流の効率化、円滑化が図れるだけでなく、世界を取り巻く食糧難が将来的に危惧されるなかでの我が国における食品ロスの削減など、多くの諸問題解決に寄与できるものと考えております。「SDGs」を体現する当社としましても、「精米年月旬表示」の積極的な導入により、持続可能な社会の実現に向けて、更なる貢献をしてまいります。

当社NB商品の精米時期表示への変更について

「ジャパンSDGsアクションフェスティバル」開催のご案内
2021年3月26日(金)・27日(土) @オンライン配信

このたび、東洋ライス株式会社が公式パートナーを務める「ジャパンSDGsアクション推進協議会」では、「ジャパンSDGsアクションフェスティバル」と題して、3月26日(金)・27日(土)にオンラインイベントを開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。

本協議会は、コロナ禍を乗り越え、日本におけるSDGsのさらなる認知拡大と、国連が提唱するSDGs達成に向けた指針「行動の10年」に沿った行動につながる取り組みの推進を目的として、政府・自治体・経済団体・市民団体・ユース団体が志を共にして発足した団体です。

今回のイベントは、本協議会の主催で、蟹江憲史、根本かおる(国連広報センター所長)、宮田裕章(慶應義塾大学医学部教授)、のん(女優・創作あーちすと)など、 SDGs のキープレイヤーが集結し、「コロナ禍からの復興と行動」に向け、「今、どのような行動が必要か」を参加者と共有し、具体的な行動につなげていくために議論してまいります。

※「ジャパンSDGsアクションフェスティバル」についての詳細は、別紙をご参照ください

ジャパンSDGsアクションフェスティバル

【別紙】ジャパンSDGsアクションフェスティバル開催のご案内

1月19日(火)放送、TBS「あさチャン!」にて
「BG無洗米」によるSDGsへの取り組みが紹介されました!

1月19日(火)に、TBSで放送中の「あさチャン!」にて、「BG無洗米」によるSDGsへの取り組みが紹介されました。

本番組は、メインキャスター夏目三久さんが最新ニュースを詳しく丁寧にお伝えする朝の情報番組です。そのなかの『SDGsな未来へ「ここスゴッ!発見」』のコーナーにて、BG無洗米の「製法」、メリットである「ご飯のおいしさ」「とぎ汁による環境汚染防止」「完全リサイクル(米の精による循環)」について紹介されました。

https://www.tbs.co.jp/asachan/