2020年

第59期(2020年3月期)決算報告

東洋ライス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:雜賀慶二)の 第59期(2019年4月~2020年3月)における決算及び事業内容が昨日行われた定時株主総会において承認されましたので、下記の通り報告致します。尚、本年の決算報告は、新型コロナウィルス感染予防の観点から、書面のみのご報告になることをご了承下さい。

① 決算報告(概況)
当期の売上は9,145百万円、税引前当期純利益は1,444百万円でした。また、当期純利益は949百万円と前年度に比べ約17%減少しましたが、これは、昨年、一昨年と損益計算書上の営業外損益で大きく為替評価の影響を受けていたものを、今期決算より、外貨建有価証券の評価方法を貸借対照表上での評価方法に見直したことにより、損益計算書には本業によって得られた損益のみが計上されたことによるものです(別紙1、2)。なお、各セグメントの状況は下記の通りです。

[コメ事業部門]
本年2月以降、「新型コロナウィルス」の感染拡大は国内外の経済活動に甚大な打撃を与えましたが、当社においては、かねてより医療費削減を目指し推進してきた金芽米、金芽ロウカット玄米という「医食同源のコメ」が改めて注目を集める結果となりました。即ち、消費者の関心は日々食する食事により自己免疫力を上げることに集まり、特に「金芽ロウカット玄米」については、昨年7月以降、POSデータにて玄米カテゴリー部門1位を守り続け(別紙3参照)、本年2月以降ではさらに急伸し、最終的には前年比120%の3、360トンと大きく伸ばす結果となりました。
一方、「金芽米」については、一般消費者向けは増加したものの、コロナによる外食需要減少の影響を受け、全体では前年比97%の5万トンとやや微減する結果となりました。

[BG無洗米加工事業][精米機器関連事業]
今年度のBG無洗米の合計加工数量は45万トンとなり、前年度45万3千トンから微減(前年比99.3%)となりましたが、我が国のコメ消費量が年々減少している中、BG無洗米が我が国のコメ消費量に占める割合は毎年拡大しております(別紙4参照)。
精米機器関連事業においては、米穀企業の設備投資意欲が低下している中、当社では、数年前より老朽化したBG無洗米機の入れ替えを毎年数台ずつ行っており、当期は2機の更新を行いました。さらに当期は、昨年8月に発表した『美味』で『高歩留まり』で『健康に良い酵素活性度が高い』という差別化を実現した『新BG無洗米』への改造に注力し、BG無洗米機を設置している18精米工場において無償にて実施し、完了しました。このように、新型BG無洗米機装置のリニューアルや改造は、当社の費用負担により行っている為、当期決算では売上計上はなく、費用のみ計上しております。これがBG無洗米装置の最大の特徴であり、顧客はほとんど費用負担をかけずに、常に新しい装置を使用でき、最新の加工技術により高品質のBG無洗米が販売できるメリットがあります。

以上の通り、当期の精米関連機器事業は、 コロナ禍もありBG無洗米機のリニューアル工事がメインで、売上金額としては前年比85%となりました。

尚、既報の通り、昨年11月に国連欧州本部において日本企業として初めてSDGsへの貢献活動の報告を行いました。これは約30年前のBG無洗米の開発による環境問題の解決、金芽米による健康問題の解決、またそれらBG無洗米の副産物「米の精」による循環型農業の実現など、SDGsが提唱されるはるか以前の約30年前より、当社並びにBG無洗米製造企業らが取り組んできた活動がSDGs17項目の内、14項目にも及んでいること、更には、何よりもそれらの活動が事業活動の中で行われていることが評価されたものであり、それによって、多くの関係先との間でSDGs事業を当社と共同して推進しようとしていた矢先にコロナ禍により中断しましたが、その終末が近づきつつあることから、近く進展が見込まれるところであります。

[太陽光発電事業部門]
発電設備の総出力は、前年と同様の約2.1MWで、総発電量は天候不順が若干影響して2,980,590kwh(前年比96%)となりました。

② 主な事業報告
[金芽米および金芽ロウカット玄米の動向について]
  • 2019年4月より愛知県内の小中学校に広く金芽ロウカット玄米が提供されました。地元愛知県産「あいちのかおり」を金芽ロウカット玄米にすることで、地産地消が実現できる上、摂取の難しい食物繊維を主食のご飯から摂取できるとして、採用されました。食味も非常に良く児童、生徒から大好評を得ており、食べ残しも少なくなっている(同県の担当管理栄養士談)とのことです。
  • 2020年3月、日本水産より冷凍おにぎり「金芽米でつくった!鶏五目おにぎり」「金芽米でつくった!牛焼肉おにぎり」2アイテムが発売されました。金芽米を使用した市販向けで初めての商品で全国の主要量販店で販売されています。
  • JR東日本リテールネットが運営する「NewDays」「NewDaysKIOSK」で「金芽ロウカット玄米」を使用したおにぎり「ロウカット玄米おにぎり」が11月より販売されています。女性や健康志向の方に「体に良いものを手軽に摂ってもらいたい」という想いから開発され、毎週具材を変えて新商品が発売されています。

[米粉事業について]
  • 今年1月に、家庭でも簡単に「米粉100%」のパンケーキが作れる「金芽米の米粉パンケーキミックス」を「キンメッコ健康クッキングシリーズ」第一弾として、通信販売から発売しました。発売当初から楽天市場など通販サイトで上位にランキングされるなど順調な滑り出しを示しています。
    本年に入ってからは、「巣ごもり」生活者の増加に伴い想定以上の注文増に急遽生産体制を強化し、現在も増産に増産を続けています。

[海外展開について]
  • 海外事業につきましては、現在13ヶ国で金芽米、金芽ロウカット玄米が展開されていますが、当期は特に香港、シンガポール、米国、台湾を重要拠点と位置付け活動を展開しました。その結果、中でも香港においては、大規模デモや新型コロナウィルスの影響があったものの量販業態に注力しました。特に地道な販促活動が奏功し、現地において高価格帯商品であるにもかかわらず非常に健闘し、売上は前年比218%となりました。

第59期(2020年3月期)決算報告(別紙1、2)

ロウカット玄米POS(別紙3)

BG無洗米占有率グラフ(別紙4)

「金芽ロウカット玄米」2019年玄米カテゴリー売上No.1に
発売5周年キャンペーンも

弊社が2015年に売り始めた、「金芽ロウカット玄米」が、2019年『玄米カテゴリー』中で売り上げが、1位になりました。( KSP-POSを基に集計 (2019年1月~2019年12月集計))

また同年の『米カテゴリー』でも、約3,300アイテムもある米商品群の中でも、28位を記録しています。これはほとんど売れなかった「玄米」でありながら、金芽ロウカット玄米は、総てのコメ商品の中でも、上位の売上を勝ち取ったと云えそうです。

特に「金芽ロウカット玄米」がもたらした利点は、①炊きやすい、②食べやすく美味、③消化性が良いという、従来の玄米の不備を全て解決したところでありますが、25.2%(弊社通信販売、2019年新規ユーザーの年内再購入率)という非常に高いリピート率が示すように、健康を希求する消費者のニーズを確実につかんだことは特筆すべきことであります。

この勢いは2020年に入ってからさらに上昇しており 、弊社通信販売では、2月は150%に迫っており((参考)金芽米も約110%)、主食によって家族の健康を守ろうといった消費者の意識の変化が見て取れるのではないかと考えております。

このような消費者意識の変化を受けて、東洋ライスでは、「金芽ロウカット玄米」の発売5周年記念と消費者の皆様の健康への貢献を目指して、3月16日より「おかげさまで発売5周年!金芽ロウカット玄米プレゼントキャンペーン」を実施します。

今回実施するキャンペーンは、①「ちょっとリッチなお取り寄せグルメ」が合計100名様に当たるクローズドキャンペーン②商品名にある「ロウカット」の意味をクイズにした「“ロウカット”なプレゼント」が合計20名様に当たるオープンキャンペーンのWキャンペーンとなっております。

発売5周年を迎えた「金芽ロウカット玄米」ですが、今後はレシピ提案などを強化し、皆様により健康で豊かな生活を送っていただけるよう努めて参ります。

おかげさまで発売5周年!金芽ロウカット玄米プレゼントキャンペーン」

【キャンペーン概要】
■ キャンペーン名
おかげさまで発売5周年!「金芽ロウカット玄米」プレゼントキャンペーン

■ 実施期間
2020年3月16日~2020年5月29日

■ キャンペーンページ
https://www.toyo-rice.jp/campaign/genmai_5th/

■ 応募条件
① クローズドキャンペーン:
対象商品を1品以上含む、ご購入レシートを撮影して、専用フォームから応募。
対象商品:
<生米>金芽ロウカット玄米、金芽米シリーズ全商品
<パックごはん>金芽ロウカット玄米ごはん、金芽米ごはん3P以上
② オープンキャンペーン:
「ロウカット」の意味を答えるクイズに回答して応募。

■ プレゼント賞品
① クローズドキャンペーン当選数:各25名様、合計100名様
クローズドキャンペーン商品

② オープンキャンペーン当選数:各5名様、合計20名様
オープンキャンペーン商品

「2020世界最高米™」とそれに次ぐ次世代ブランドのコメ事業をスタート

旗艦店・米粉グルメ専門店「キンメッコ キッチン」をオープン
左から、①東洋ライス㈱代表取締役 雜賀慶二②飛騨高山おいしいお米プロジェクト 平瀨廣之③あがつま さくや姫生産組合 小池康弘④㈱雪ほたか 小林仁志⑤あがつま さくや姫生産組合 佐藤誠一⑥飛騨市うまいお米研究会 ㈱和仁農園 平田昌英⑦清水哲也⑧米・食味鑑定士協会 会長 鈴木秀之※馬瀬ひかり生産組合 川口太三様はご欠席です。

東洋ライス株式会社(銀座本社:東京都中央区、代表取締役:雜賀慶二)は、2015年秋にスタートした「世界最高米」事業におきまして、第5回目となる2020年の取り組みを開始しました。

もともと「世界最高米」には「酵素」の活性が極めて高いことを発見し、最大の価値としてきた「生命力」とは、コメそのものが持つ酵素活性度であることを突き止めました。これを受け、弊社では酵素活性度(以下、酵素量という)によって、人々が健康を最大限に享受できる技術を確立すると共に、「酵素」が示すコメのポテンシャルを消費者に知らしめるべく、この度、世界最高米に次ぐ「酵素金芽米シリーズ」を中心とした次世代ブランドのコメ事業を立ち上げることといたしましたので、下記に順を追ってご説明申し上げます。

【1】「2020世界最高米」について
世界最高米」事業は、コメの価値に「美味」だけではなく、「生命力(人の健康)」という価値を持たせることで、需要減等によるコメ生産量に歯止めをかけ、日本のコメの評価を国際的に高めるとともに、コメ生産者に夢と希望を持っていただきたいとの想いから始まった取り組みです。

今回の「2020世界最高米」の原料玄米は、2019年11月に千葉県木更津市で開かれた「第21回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(米・食味鑑定士協会主催)において、「国際総合部門」で金賞を受賞した玄米と、本大会から新設された「米の精 栽培部門」で金賞を受賞した玄米の中から弊社独自に「美味と生命力」、更に本年は「酵素量」に重点を置いて厳選、計7品を認定し、一般価格の約8倍となる1㎏あたり1900円で買い受けました。これらの原料玄米は更に弊社独自の「生命力選別」、「熟成」、「精米」、「ブレンド」、「無洗米」の各技術により最高品位の「金芽米」に仕上げ、本年6月頃より、140g(1合分)×6袋入りを1万800円(税込)で発売する予定です。

今回の「世界最高米」の認定玄米の生産者は以下の通りです。

生産者名 産地 品種 食味分析鑑定コンクール
国際大会での受賞内容
飛騨高山おいしいお米プロジェクト 平瀨 廣之 様 岐阜県
高山市
コシヒカリ 国際 総合部門 金賞
あがつま さくや姫生産組合
小池 康弘 様
群馬県
東吾妻町
コシヒカリ 国際 総合部門 金賞
㈱雪ほたか
小林 仁志 様
群馬県
川場村
コシヒカリ 国際 総合部門 金賞
あがつま さくや姫生産組合
佐藤 誠一 様
群馬県
東吾妻町
コシヒカリ 国際 総合部門 金賞
馬瀬ひかり生産組合
川口 太三 様
岐阜県
下呂市
コシヒカリ 国際 総合部門 金賞
飛騨市うまいお米研究会
㈱和仁農園 平田 昌英 様
岐阜県
高山市
コシヒカリ 国際 総合部門 金賞
清水 哲也 様 長野県
小諸市
コシヒカリ 米の精 栽培部門 金賞

【2】次世代ブランドのコメ事業創設の経緯について
我が国には、様々な品種・銘柄だけでなく、有機JASや特別栽培米などの栽培方法までを加えると多くの種類のコメが存在しますが、これらのコメ(玄米)の栄養価を比較しても大きな差異はありません。そのような中、弊社代表取締役であり、東京農業大学客員教授でもある雜賀慶二を中心とした研究チームは、「世界最高米」が普通精米と比べてコメの「糠層深層部(亜糊粉層)」に特に多く含有される一部の酵素の酵素量が原料玄米で約2.2倍(※1)、また精米加工方法で約9.6倍(※2)も相違することに着目し、コメの酵素に関する研究を開始しました。

最新の研究によると、原料玄米による酵素量の少ないコメと、逆に多いコメの主要な違いは、田地の土壌菌の多い土壌で栽培されたコメほど酵素量が多いことがわかり、食味や健康寄与への可能性を見出しました(2019年12月1日「第59回日本食生活学会」にて発表)。そして、土壌菌を増やすには、農薬や化学肥料による慣行栽培ではなく、堆肥などの肥料による栽培が効果的であることを突き止めました。然しながら、後者の栽培方法では土壌菌が増えるまでに長期間がかかり、コストも高くついてしまうことがネックになります。

これらを一挙に解決するのが、BG無洗米の副産物である「米の精」による栽培方法です。米の精を使用した土壌では、短期間に爆発的に土壌菌が増えることが判り、極めて高効率な循環型農業が実現できるのです。ちなみに弊社のこの方法は、SDGsの持続可能な社会構築に大きく貢献出来る取り組みであり、このことは昨年11月、日本の企業では初めて国連本部にて発表し、世界の耳目を集めたところであります。

更に、いくら酵素量の多いコメであっても、金芽米で実証された健康成分を多く含む糠層深層部(亜糊粉層)が残存しない通常の白米に精白したものでは酵素が激減してしまうことも判りました。即ち、我々が注目した酵素は白米の部分ではなく、「糠層」に有り、特に「糠層深層部(亜糊粉層)」に集中していることから、この部分を削ってしまった白米では、いくら原料玄米に酵素が多く含まれていても意義がありません。また弊社では、「玄米が炊き難い」、「食べ難い」との、それまでの常識を覆した「金芽ロウカット玄米」にも、玄米の酵素をほぼ残して居ります。

ここで重要なのは、玄米の「酵素」を残すことで我々人類にとってどんな良いことがあるかということですが、一言で言い表すならば、「酵素はコメが本来持っている生薬機能の優劣を見分ける指標となり得る」ということです。即ち、酵素量が多いコメは、浸漬し炊飯する工程において、オリゴ糖類、マルトースなどの「健康成分」を多く産生すると共に、それ以外にも食味に旨みやコクをもたらすというメリットもあります。ビタミン類や食物繊維等の栄養成分も享受することもでき、従来の金芽米と通常の白米と比較してもすごい差があるのです(別紙参照)。

そこで弊社では、この度、従来の金芽米よりはるかに健康成分の多い「酵素金芽米シリーズ」を中心とした次世代ブランドのコメ事業を新たに立ち上げ、更なるコメの新しい価値創出とコメの消費拡大に取り組むことと致しました。

※1:H30年産世界最高米認定者の原料の酵素量と、昨年度に当社が自社製品に使用したH30年産原料のランダムに一部を抜粋した原料(特別栽培や有機JAS栽培を除く)の酵素量の平均値の比較(亜糊粉層を含む層を重量歩留り2%を採集し酵素量を測定)
※2:H30年産世界最高米認定者の原料を金芽米に加工したコメの酵素量と、同じ原料を普通精米に加工したコメの酵素量の比較(金芽米および普通精米の表面の重量歩留り1%を採集し酵素量を測定)

【3】「次世代ブランドのコメ事業」について
「次世代ブランドのコメ事業」とは、コメの「酵素量」を生薬指標とし、①栽培や精米及び無洗米加工等にかけた労力と、コメの持つ食味・健康寄与度を併せ、それを5段階のカテゴリーに分け、②それぞれのカテゴリーを星の数(5~1)で表わすと共に、上位のものは「原料玄米の買取価格」と「販売価格」を従来より高くすることで、従来のコメ商品とは一線を画した次世代ブランドの構築を目指すものです。具体的には別紙で示します。

また、上記の製品の内、「酵素金芽米プレミアム」および「酵素金芽米」は、まずは東洋ライスのWEB上で販売を開始し、全国のBG無洗米製造企業などにも取り扱いいただく予定にしております。

別紙 「これからのお米の健康格付け」

健康+簡単な米粉ライフを実現!
“キンメッコ 健康クッキングシリーズ”第一弾
「金芽米の米粉パンケーキミックス」を発売!

金芽米の米粉パンケーキミックス

東洋ライス株式会社(銀座本社:東京都中央区、代表取締役:雜賀慶二、以下「東洋ライス」)は、家庭でも簡単に「米粉100%」のパンケーキが作れる「金芽米の米粉パンケーキミックス」を“キンメッコ 健康クッキングシリーズ”第一弾として発売します。

精米技術で栄養と美味しさを実現した「金芽米」の米粉を使用し、さらにその製造過程において、生薬機能と云うべき健康糖質及びアミノ酸などを引き出しているので、金芽米のご飯と同様に健康効果も期待出来、更にグルテンフリー、アレルゲン28品目不使用(※1)となっています。

【特長】
製粉時に金芽米の最大の特長である「亜糊粉層(白米には無い)」が適切な時間浸水されてから製粉することで、①通常の米粉と比べて、“健康糖質”のマルトース、オリゴ糖類、グルコース、また、旨みやコクを引き出す「たんぱく質分解酵素(アミノ酸)」など(別紙「金芽米と通常の白米の健康成分比較」参照)、古代人が摂取していた生薬機能を享受出来ます。

さらに、金芽米特有の均一できめ細かく損傷率が少ない米粉となり、②調理時に粉と水が分離しにくく“だま”にならず、調理しやすいことに加えて、③焼き上がりも、硬くなったり、ぼそっとした食感にならずに「もっちりふわっと食感」でおいしいミックス粉を実現しました。

【販売について】
1袋150g入りで、1月24日より、東洋ライス通信販売「金芽米・オンラインショップ」では3袋セット960円(送料・税込)として受付開始、米粉事業のアンテナショップ「キンメッコ キッチン」では1袋250円(税込)で発売します。

このたび発売する「金芽米の米粉パンケーキミックス」は、健康+簡単な米粉ライフを実現することを目的にした「キンメッコ 健康クッキングシリーズ」第一弾として開発いたしました。前述の各特長に加えて、金芽米は「BG無洗米」なので、製粉過程の浸水時に高濃度のとぎ汁が出ずに環境に良いことはもちろんのこと、コメにとぎ汁が吸水されないことで、製粉後に「ヌカ臭」がしないのも特長です。これらのこだわりから出来た「金芽米の米粉」は、生地がしっとりとなめらかになり、焼き上がり後のくちどけが非常に良いことから、特にお菓子との相性が良く、スポンジケーキなどのふわふわ食感を楽しむ料理にはぴったりの出来となっています。

この「金芽米の米粉」の特長を生かした「金芽米の米粉 パンケーキミックス」は、ご家庭にある食材を使って様々なお菓子が調理できる「素」としても使いやすいように調整しています。パンケーキをはじめ、「パウンドケーキ」や「スコーン」など他の料理に使用することもおすすめで、共同でレシピ開発をしている料理家の方からも『今回のパンケーキミックスも、すごく使いやすくてびっくりしています。実は今まで、米粉のお菓子を作っても、薄力粉の方が好みだなと思っていたのですが、このパンケーキミックスは、もちもちし過ぎず、くちどけも良く、自分の好みのお菓子が作れました。かつ、米粉の特長としてダマにならないので、お菓子作り初心者の人や子どもでも失敗しにくいので、人に勧めたくなる商品でした。』とのコメントもいただいております。本年は、この製品を皮切りに3月には「パンミックス」、「フジッリ(パスタ麺)」を発売予定です。

また、製品開発時に蓄積したノウハウを基に、業務用として、本製品にも使用している「金芽米米粉(きんめまいこめこ)」を本格的に展開してまいります。金芽米の米粉以外は何も調合していない本製品は、すでに給食会社やコーヒーチェーンの米粉パン、米粉入りサンドイッチなどに使用されています。内容量は「1袋20kg(オープン価格)」です。米粉製品を展開されている企業などの希望者を対象に、サンプルもご用意いたします。

(※1)アレルギー品目:えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、アーモンド

別紙 「金芽米と通常の白米の健康成分比較」