金芽米とは、おいしくて栄養がある健康志向のお米です

亜糊粉層(あこふんそう)は、上質な甘味、旨味の元となる糖質を作る酵素が含まれています。従来の白米では精米時にヌカと一緒に取り除かれてしまいます。
金芽米は胚芽の口ざわりの悪い部分を取り除き、胚芽の底の部分を残しています。
尚、「金芽」は全てのお米に残っているものではありません。

お米は精米方法によって、味や栄養価が変わります。金芽米は、新しい精米方法によって生まれた玄米の「健康成分」「旨味」を残して精米されたまったく新しい白米です。

金芽米はおいしくて栄養があるんだよ
玄米 玄米
もみ殻を取り除いただけの米。栄養価は高いが消化が悪く、よくかむ必要がある。

胚芽米 胚芽米
玄米の胚芽(芽や根になる部分)の部分を80%以上残して精米したお米。栄養はあるが口当たりがよくない。

金芽米 金芽米
白米と同じ口あたりで、白米よりも旨味・甘味があり、栄養価が高い。

精白米 白米
食べやすいが、玄米や胚芽米に比べて栄養価は下がる。