金芽米とは

金芽米きんめまいとは?

金芽米とは、玄米の栄養を残した、とても美味しい無洗米です。

栄養成分と旨み成分が多い「亜糊粉層(あこふんそう)」と胚芽の基底部である「金芽」を残す精米方法によって栄養と美味しさの両立を実現した健康志向のお米です。

亜糊粉層

玄米の栄養と旨み成分が多い
亜糊粉層あこふんそう」はどの部分?

亜糊粉層(あこふんそう)は、デンプン層とヌカ層の間にある厚さ数ミクロンの層で、上質な甘味、旨味の元となる糖質を作る酵素が含まれています。従来の白米では精米時にヌカと一緒に取り除かれてしまい、残っておりません。

亜糊粉層の画像

約30分煮てヌカ皮がめくれ上がった玄米の写真

糠皮をめくると、「亜糊粉層」は糠皮の裏側にあることが確認できます。写真の様に亜糊粉層は外側の糠皮と強くついている為、従来の精米では糠皮と共に剥がれてしまいます。

亜糊粉層

亜糊粉層を残す金芽米の製法とは?

独自の精米製法で玄米の表面から、少しずつヌカを取り除いていくことにより、お米の表面に均等に「亜糊粉層(あこふんそう)」を残します。

また、亜糊粉層は水に溶けやすく、洗うと取れてしまうので、とぎ洗いしなくてもいいように精米後に無洗米に仕上げています。

さらに無洗米にすることで、水質汚染の原因となるとぎ汁をなくし、環境保全に繋がります。

匠が守る金芽米の品質

金芽米の品質は、熟練の精米オペレーターである匠の技によって維持・管理されています。本当にヌカ層だけを取り除くことができたか、亜糊粉層はきれいに残っているか、目や手ざわりで確認し、品種や気温・湿度などの環境変化によって精米機の微妙な調節を、長年の経験と感性で見極めています。

匠が守る金芽米の品質

金芽米のおいしい炊き方

金芽米カップ金芽米は、普通の白米とくらべると炊ける量が多くなります。そのため、普通のカップでの計量より少ない量のお米で、同じごはんの量が炊き上がります。「おトクに、おいしく炊き上げていただきたい」という願いから金芽米カップをつくりました。

詳しくはこちら

金芽米オンラインショップ
金芽米を食べられたみなさまのレビューを紹介
病気に負けない!!話題の成分免疫ビタミンLPS
金芽米は健康医療アワードを受賞しました