閉じる

金芽米

金芽米

金芽米(きんめまい)とは

金芽米は、独自の精米技術で、お米の栄養と旨み成分が多く含まれる「亜糊粉層(あこふんそう)」を残した、とても美味しい無洗米です。
胚芽の基底部が、「金の芽」のように見えることから、金芽米という名前がつきました。

金芽米の特徴

玄米の栄養と旨み成分が多い「亜糊粉層(あこふんそう)」はどの部分?

亜糊粉層(あこふんそう)は、デンプン層とヌカ層の間にある厚さ数ミクロンの層で、上質な甘味、旨味の元となる糖質を作る酵素が含まれています。従来の白米では精米時にヌカと一緒に取り除かれてしまい、残っておりません。

亜糊粉層

めくれる糠皮

約30分煮てヌカ皮がめくれ上がった玄米の写真

糠皮をめくると「亜糊粉層」は糠皮の裏側にあることが確認できます。写真の様に亜糊粉層は外側の糠皮と強くついている為、従来の精米では糠皮とともに剥がれてしまいます。

亜糊粉層を残す金芽米の製法とは?

独自の精米製法で玄米の表面から、少しずつヌカを取り除いていくことにより、お米の表面に均等に「亜糊粉層(あこふんそう)」を残します。 また、亜糊粉層は水に溶けやすく、洗うと取れてしまうので、とぎ洗いしなくてもいいように精米後に無洗米に仕上げています。 さらに無洗米にすることで、水質汚染の原因となるとぎ汁をなくし、環境保全に繋がります。

金芽米と普通米の違い

匠が守る金芽米の品質

金芽米の品質は、熟練の精米オペレーターである匠の技によって維持・管理されています。本当にヌカ層だけを取り除くことができたか、亜糊粉層はきれいに残っているか、目や手ざわりで確認し、品種や気温・湿度などの環境変化によって精米機の微妙な調節を、長年の経験と感性で見極めています。

金芽米の品質

 

金芽米のメリット

糖質14%オフ、カロリー17%オフ

金芽米は亜糊粉層が水分をたくさん吸収するため、ごはん一粒一粒がふっくらとふくらみ、少ないお米で、いつもと同じ量のご飯を炊くことができます。これを「炊き増え」と言います。これにより、いつもと同じ量のご飯でも、カロリー 17%オフ、糖質14%オフできるのです。

金芽米の栄養価
[当社比]
•「普通の白米」は「七訂増補日本食品標準成分表」より「水稲めし/精白米/うるち米」の数値
•金芽米は一般財団法人食品環境検査協会調べ

「金芽米が炊き増えする理由」画像

玄米の栄養が残っている

金芽米は普通に精米した白米と比べてビタミンB1が約7倍、食物繊維が約1.8倍、オリゴ糖は約12倍。 毎日のご飯を金芽米にかえると、家族みんなの栄養バランスがアップします。

金芽米の栄養
[当社比]
•「普通の白米」=金芽米と同じ原料米を従来の精米方法で精米した米、栄養価については手洗いした米で測定
•オリゴ糖類含有量は日本認証サービス(株)調べ
(普通の白米/125mg)(金芽米/1523mg)
※100g当たりの数値
※両米粒の表面を均等に約1%削り2時間浸漬後の糖類を調査
•その他の栄養価は、一般財団法人食品環境検査協会調べ
(普通の白米/食物繊維:0.4g、ビタミンB1:0.02mg、ビタミンB6:0.06mg、ナイアシン:0.2mg、葉酸:16μg、カリウム:50mg)
(金芽米/食物繊維:0.7g、ビタミンB1:0.14mg、ビタミンB6:0.11mg、ナイアシン:0.6mg、葉酸:22μg、カリウム:79mg )
※100g当たりの数値

科学的に実証された「おいしさ」

金芽米に残っている亜糊紛層(あこふんそう)には、栄養素だけでなく、旨み成分もたっぷり含まれています。飛行機のファーストクラスの機内食や学校給食、様々な飲食店で使われていることがおいしさの証です。人間の舌の感覚を再現する「味覚センサー」で実験をしたところ、同じ田んぼで取れた同じ銘柄のお米でも、金芽米にするとおいしさがアップすることがわかりました。

金芽米の美味しさ
[当社比]
•「金芽米と同じ原料米を従来の精米方法で精米した米」との比較
•「普通の白米」の栄養価は、手洗いした米で測定
•味覚(甘味)は、AISSY(株)調べ

洗わずに炊ける環境と人にやさしい無洗米

金芽米は「とぎ汁」の基となる肌ヌカを取り除いているので、洗わずに炊けます。とぎ汁を流すと海や川を汚す原因となる為、工場で予め取り除き、洗う必要のないお米として出荷します。 また、肌ヌカが表面に付着した状態だと品質の劣化を促します。つまり無洗米にすることが、美味しさ維持にも繋がります。
詳しくはこちら

環境に優しい無洗米

 

金芽米のおいしい炊き方

金芽米は、普通の白米とくらべると炊ける量が多くなります。そのため、普通のカップでの計量より少ない量のお米で、同じごはんの量が炊き上がります。「おトクに、おいしく炊き上げていただきたい」という願いから金芽米カップをつくりました。
詳しくはこちら