閉じる

お米のエコ包装

東洋ライスから地球環境を考慮した新パッケージのご案内です。
お米の袋のこと、少し見直してみませんか?

お米のエコ包装

エコ包装って?

弊社では地球環境のことを考えて、販売している商品を順次、エコ包装に切り替えていきます。※
エコ包装は新しい包装技術によって、従来の袋にあった余分な部分を無くすことにより、包装資材の使用量を約10%〜15%減らすことが出来ました。その分、ゴミの発生量やCO2の発生量を削減することができます。

  • 現在、まず当社の主力商品である「ベストセレクト」からエコ米袋に切り替えています。その他の商品については順次切り替えていく予定です。

従来の袋と比較してみると

エコ包装

従来の袋は包装する機械の構造上、袋の上下(シールの外側)部分がそれぞれ約20mmあるのに対して、エコ包装は新包装技術によりこの部分を約5mmにしました。

シール外側の比較

上下併せて約30mmのシールの余分な部分とサイドシールの幅やシール間距離の見直しにより、CO2発生量を削減しています。

もちろん、使用している材質、厚み、袋の強度、容量は従来の袋とまったく変わりありません。

袋のサイズ及びCO2の削減量

全長 450mm → 420mm
幅  300mm → 290mm
1袋につき30mm×10mmの削減

 エコ包装サイズ 従来サイズCO2削減量
(従来米袋比)
金芽米 ベストセレクト
2kg
幅240mm×全長290mm
(内寸:幅228mm×全長280mm)
幅240mm×全長340mm
(内寸:幅220mm×全長300mm)
約14.7%
金芽米 ベストセレクト
5kg
幅290mm×全長420mm
(内寸:幅278mm×全長410mm)
幅300mm×全長450mm
(内寸:280mm×全長410mm)
約9.8%

CO2排出量の削減効果

弊社の従来商品より
2kg袋では1袋当たり14.7%、5kg袋では9.8%CO2の削減ができます。

CO2総排出量比較
  • CO2排出量は原料採取、製造、廃棄処理を含めた値です。
  • 社団法人プラスチック促進協会の公表データによって算出。(小数点第2位四捨五入)