閉じる

東洋ライスが日本健康医療学会より「金芽米は国民の健康医療に役立つ」と表彰

東洋ライス株式会社(銀座本社:東京都中央区、代表取締役:雜賀慶二、以下「東洋ライス」)が製造・販売する「金芽米」が、9月18日(月)に開催された「第10回日本健康医療学会記念大会(一般社団法人日本健康医療学会主催)」において、「第5回健康医療アワード」を受賞いたしました。

主として医学者が会員となっている日本健康医療学会は、疾病を予防、健康を維持増進して、健康寿命を延ばすことを目的として平成20年に設立、平成25年には健康医療に役立っている製品を推奨する「健康医療アワード」を設立、第5回目となる今回は、4,000項目の中より「金芽米」を含めた5項目が選定されました。なお、金芽米は2005年の発売以降、消費者から健康効果や美味しさに関するレビューが8000件以上寄せられるなど多くの客観的な評価を頂いておりますが、このたびのような権威があり、かつ医療関係の学会からの表彰は初めてとなります。

このたびの選定理由について、同学会の佐藤元彦理事長は「東洋ライスが独自の精米技術でコメに『健康成分』を残し、約10年以上前から日本のみならず、シンガポールをはじめとした世界各国の人々の健康増進に寄与されていることが授賞の決め手となりました。また、金芽米に含まれる、免疫活性化成分『LPS』が生活習慣病をはじめとした疾患予防効果にも期待できることから、東洋ライスの今後の取組みについても期待しています」とコメントされております。また、授与された表彰状には、「国民の健康医療に役立つものとして(中略)表彰いたします」と記されておりますが、医薬品以外の商品が国民の健康寿命増進と医療費削減に貢献出来るチャンスが少ない我が国において、この表彰制度は大いに評価されるべき活動であると存じます。

なお、受賞製品は下記の通りです。

 製品名団体名
1ザイグル株式会社ティー・ユー・エフ
2金芽米東洋ライス株式会社
3メタバリアS富士フィルム株式会社
4ビフィーナS森下仁丹株式会社
5ラジオ体操の普及NPO法人全国ラジオ体操連盟

東洋ライスは、薬食同源を実現した「金芽米」、「金芽ロウカット玄米」により、人々に健康な毎日を過ごしていただき、膨張を続ける日本の医療費削減に少しでも貢献できるよう、また、日本のみならず、世界の人々の健康維持に貢献できるよう、本受賞を励みに、今後も一層製品開発に取り組み「健康」で貢献して参る所存です。